中古マンション購入カタログ 中古マンション購入カタログ 中古マンション購入カタログ

中古マンションならではの選び方があります

1.現物を見る
新築マンションを買う際には、設計書や建築計画書を頼りに、まだ建っていない物件を想像して買うしかありません。しかし、中古マンションであればすでに建物は存在していますから、実際に見て確かめてから購入することができます。部屋の広さなども、設計書には数字しか書いていないのでおよその広さしか分かりませんが、中古物件の部屋は実際に見ることができるので、収納計画などもスムーズに行うことができます。

2.現場を見る
新築マンションは、完成するまでに半年以上かかるのが普通です。売買契約から2年近くかかる場合もあります。住宅は周辺環境が大変重要で、特にマンションは立地条件が非常に意味を持ちますが、新築マンションは完成時間がかかるので、周辺環境にどの程度変化があるかわかりません。この点、中古マンションはすでに建っていますので、現状の周辺環境を確認できます。今の自分にとって必要なものが今揃っている環境なのかを実際に判断して買うことができるのが中古物件のメリットです。

3.たくさんの候補の中で比較する
中古マンションの良さは、すぐにでも引っ越せる物件がたくさん見つかることです。対象エリアを広く取って、たくさんの候補の中から選ぶことができます。たくさんある中から上手に選ぶコツは、とにかく見て回ることです。他の物件と比較してみてはじめて、暗い狭いといったことに気づくことも少なくありません。物件をしっかり自分の目で見て、住んでからも納得の中古マンションを見つけましょう。