中古マンション購入カタログ 中古マンション購入カタログ 中古マンション購入カタログ

3ステップで探す理想の中古物件

中古マンションの購入を検討し探し始めたものの、新築とはちょっと勝手が違う中古マンション探しに戸惑う方も多いのではないでしょうか。ここではどのように探せばより理想的な物件に出会えるか、3つのステップに分けてご紹介します。
ステップ1.イメージを固めましょう
中古マンションの購入を考えたら、まず理想とする物件のイメージを固めましょう。エリア、生活環境、月々の支払など、具体的であればあるほど探しやすくなります。また、「築15年以内が理想だけれど、場合によっては築30年までは可」、「フルリノベーションが理想だけれど、水回りのリフォームができていれば可」など、100%の理想形だけでなく妥協できるポイントも同時に考えておくと検討できる物件の幅が広がります。

ステップ2.仲介会社を選びましょう
中古マンションの物件情報は新築マンションと違いネットやチラシに出ない物件も多くあるため、仲介会社との連携がより多くの物件との出会いにつながるとも言えます。理想の物件を手に入れるためにも信頼できる仲介会社を選びましょう。大手はもちろんですが、地域密着型で活動を展開している仲介会社も頼りになります。どんな些細な不安や疑問にも丁寧に対応してくれるかどうか、担当者との相性など、自分に合った仲介会社を選ぶことが大切です。

ステップ3.表に出ていない情報もチェックしましょう
中古マンションには多くの情報があります。物件が見つかったら、なぜその物件が売りに出されたのか、上下左右の住人はどんな人か、自治会の状況、大規模改修の有無や時期、管理体制の良し悪しなど、仲介会社や見学を通して細部までチェックしましょう。表に出ていない情報を確認しておくことが購入後のトラブル回避につながります。また、将来どのようなリフォームが可能なのか、設計図面(竣工図面)を確認しておくことも大切です。